大阪・高槻市で交通事故に強い弁護士

弁護士との無料相談はこちら 0120-543-081
受付時間 平日 9:00-18:00

ラセーグテストとはどのようなものですか?

2019.04.27

神経学的検査

 腰部の神経症状を医学的に証明ないし説明する手段として,神経学的検査が行われています。

 ラセーグテストは,神経根障害を調べるための神経学的検査の一つです。

ラセーグテスト

 患者が仰向けに寝た状態で,股関節と膝を90度に曲げた状態から膝を伸ばして行き,坐骨神経(仙髄神経(S1,S2,S3)や腰髄神経(L4,L5))を圧迫します。

 椎間板ヘルニアなど,坐骨神経に障害がある場合,太ももの裏側からふくらはぎの裏側あたりに痛みが生じます。このように膝を伸ばす過程で痛みが生じると,陽性と判断されます。

後遺障害等級認定との関係

 ラセーグテストはそれ単体では客観性が低いという問題があります。

 なぜなら,痛みの存在は自己申告によるため,検査結果を操作することも可能であるからです。

 もっとも,検査結果が客観的な画像所見と整合していたり,深部腱反射テスト(アキレス腱反射テスト膝蓋腱反射テスト)などのごまかしようのない客観的な神経学的検査と整合していれば,主張を補強する材料になりますので,これらの検査についても行うことが望ましいと考えられます。

 

交通事故Q&Aの関連記事