大阪・高槻市で交通事故に強い弁護士

弁護士との無料相談はこちら 0120-543-081
受付時間 平日 9:00-18:00

交通事故問題を当事務所に依頼するメリット

2020.03.17

交通事故の問題は、被害者と加害者の当事者間でも交渉を行うことが不可能ではありません。しかし当事者間で話し合いを進めると、どうしても感情的になり交渉が複雑化・長期化することが多々あります。
また、交通事故事件の解決手段は、示談交渉、ADR(裁判外紛争解決手続のこと)、訴訟など様々で、どのようなケースで、どのような方法を取るのが最良かについて、被害者自身が判断するのは困難です。
さらに、相手方の保険会社が介入してきた場合、保険会社は交通事故事件を数多く扱っているプロですから、被害者本人が対等な交渉を行うのは難しいといえます。

一方、交通事故が得意分野である当事務所にご依頼いただければ、相手方と直接交渉する必要がなくなり治療に専念できる、最大限の賠償金獲得が可能になるなどのメリットをお約束します。

交通事故の解決を当事者間で行うことは危険

被害者と加害者の当事者間でも交渉を行うことができますが,当事者間で話し合いを進めると,どうしても感情的になり,交渉が複雑化してしまうおそれがあります。

また,交通事故事件の解決手段は,示談交渉,ADR(裁判外紛争解決手続),訴訟など様々で,どのようなケースで,どのような方法を取るのが最良かについて,被害者自身が判断するのは困難です。

さらに,相手方の保険会社が介入してきた場合,保険会社は交通事故事件を数多く扱っているプロですから,被害者本人が対等な交渉を行うのは難しいといえます。

当事務所に依頼するメリット

交通事故問題を当事務所に依頼するメリットは、以下の通りです。

交通事故問題に注力している弁護士に対応してもらえる

インターネットでの検索で「交通事故専門サイト」がよく見受けられますが、同じ事務所で他にも「○○専門サイト」を運営していることがよくあります。
一方当事務所では、実際の取扱業務においても交通事故に注力しています。
代表弁護士は大手弁護士事務所の交通部で経験を積み、日本交通法学会に所属し専門知識も豊富です。
後遺障害の等級認定のポイントなど、交通事故対応の経験で蓄えた豊富なノウハウをもって事件にあたることができます。

また、保険会社側の弁護士経験もあり相手の出方も熟知していますので、高い交渉力をもって事件にあたることができます(現在は加害者側の受任は行っていません、あくまで被害者の被害回復に努めています)。

保険会社とのやり取りを全て任せられる

交通事故の当事者となった場合、事故のショックやその後の手続きなどで、精神的にも時間的にも負担がかかってきます。

これに加えて、保険会社とも交渉をしなければならないとなると、その負担は相当なものになってしまいます。
面倒な交渉から早く解放されたいあまり、不十分な賠償金額でも受け入れてしまうかもしれません。
しかし、当事務所に依頼すると面倒な交渉は弁護士が行いますので、被害者の方は精神的ストレスから解放されます。

弁護士に依頼して交渉を任せることで、安心して治療に専念できるというのも、大きなメリットの一つです。

弁護士本人が直接対応するので、きめ細やかな対応が受けられる

当事務所は大手の事務所と違い、弁護士自身が打合せ等できめ細かく対応します。
大手の事務所でよくあるような、いつ連絡しても事務担当者しか応対してくれないとか、事務担当者経由でないと話が進まないといったことが、当事務所ではありません。弁護士自身が責任を持って対応します。
また、メールを利用した相談にも応じ、依頼人の不安を極力取り除く努力をしています。

弁護士の豊富な経験と高度な法的知識により、最大限の賠償金獲得が期待でる

被害者がこれまでに交通事故の豊富な経験を有しているというケースはそう多くないでしょう。
他方、保険会社は、交通事故事件における交渉のプロです。
交通事故の示談交渉においては、こうした保険会社と被害者の知識・経験の差が、賠償額に大きな影響を与えるケースが少なくありません。

保険会社が提示する示談金の支払い基準(任意基準)は、自賠責保険基準よりは高いものの、裁判所の基準より大幅に低いのが通常です。
支払額が少なければ少ないほど会社の利益が上がりますので、保険会社には支払いを渋る十分な動機があります。
しかし、被害者に知識がない場合、十分な賠償額が得られないにもかかわらず、保険会社の提示する示談金を正当な金額と思い込んで示談をしてしまう可能性があります。

また、保険会社との示談交渉において、被害者ご自身で熱心に交渉してもなかなか金額が上がらないことは少なくありません。
被害者ご自身による交渉が難しい理由の一つには、自力で訴訟まで起こすようなケースがまれであることがあげられます。
つまり、被害者ご自身と交渉している段階では、保険会社は訴訟を提起されて損害賠償請求されるリスクをほとんど意識する必要がないため、強気で示談交渉を行うことができるわけです。

一方、弁護士が代理人となって示談交渉を行う場合には、保険会社は、示談金額が不十分であれば訴訟を提起されて損害賠償請求されるリスクがあることを十分に理解しています。
このことから、弁護士に依頼すれば、訴訟による場合のみならず、示談交渉の場面においても、裁判所が認定する損害額の水準に沿った十分な金額で示談することを期待することができます。

交通事故の多い高槻における地域事情をくみ取ったサービスが受けられる

高槻地域は、車線整備が進まず事故が頻発する国道171号線を抱えています。また、国道への流入交通量の多さにより、周辺道路が慢性的な渋滞となって事故が起きやすくなっています。

当事務所はこの高槻特有の地域性を十分理解して業務の基盤とし、交通事故に注力した業務で地域密着型事務所を目指しながら、日々交通事故被害の回復に努力しています。

弁護士費用の負担をご心配の方へ

弁護士費用の負担が気になり、ご自分で交渉したいと考える方もいらっしゃるでしょう。
弁護士費用特約が利用可能な場合には、基本的に費用の負担を気にすることなく弁護士に依頼できますので、弁護士に依頼する十分な経済的なメリットがあります。

弁護士費用特約を利用できない場合でも、死亡事故等の重大事案では特に顕著ですが、少なくとも後遺障害の等級が認定されるような事案になれば、裁判所で認められる損害額と保険会社が提示する賠償額との差が大きくなる傾向にあります。
したがって、弁護士に依頼して保険会社と交渉等を行うことには、十分メリットがあります。

弁護士費用特約が利用できなくても、初回相談(電話では30分、面談では60分)は無料で行っています。
営業時間は平日午前9時から午後6時までとなっています。予約を平日にしていただければ、土日の対応も可能です。
どうぞお気軽に当事務所にご相談ください。

関連項目

交通事故の基礎知識の関連記事