大阪・高槻市で交通事故に強い弁護士

弁護士との無料相談はこちら 0120-543-081
受付時間 平日 9:00-18:00

首の後遺障害

2018.05.13

交通事故による首の受傷から生じる後遺障害として、頚椎捻挫などによる神経症状の残存、身体の麻痺等の症状が残存する頸髄損傷などが考えられます。

1 神経症状

交通事故による頚椎捻挫や椎間板ヘルニアにより、後遺症として痛みや痺れが残存する場合に、神経症状の後遺障害の等級が認定される可能性があります。

後遺障害等級認定の関連記事

2018.05.13

口の後遺障害

口の後遺障害については、 ①そしゃくや言語機能に関する後遺障害 ②歯牙障害 ③味覚障害 などがあげられます。 1 そしゃ...

2018.05.11

脳の後遺障害

脳の障害については、脳細胞など身体組織がダメージを受けて変化した器質的損傷と、身体組織に変化が見られないものの、異常な状...