大阪・高槻市で交通事故に強い弁護士

弁護士との無料相談はこちら 0120-543-081
受付時間 平日 9:00-18:00

弁護士に依頼すると、費用負担が大きいのでは?

2018.05.13

弁護士に依頼した場合

 交通事故の交渉は、相手が交渉のプロである保険会社であることから、事故の被害者が個人で対応するのは困難です。そのため、弁護士に依頼すると対等な交渉を行うことが期待できますが、日常生活で弁護士になじみが薄い分、弁護士費用の負担を心配される方もいらっしゃると思います。

 しかし、特に死亡事故のような重大な結果を伴うようなケースではもちろん、後遺障害が残り、等級認定されるようなケースについては、裁判所基準による賠償額と、保険会社の提示する任意保険基準には大きな隔たりが生じます。

 また、加入している保険に弁護士特約が付与されており、それを利用することが可能な場合には、決められた範囲で弁護士費用が保険会社から支払われるため、被害者側の弁護士費用に関する負担はかなり軽減されます。

 交通事故にあい、精神的、身体的にショックを受けた状態で、示談交渉のプロである保険会社と対応するのは、予想以上に大きな負担となりますし、本来法的に認められた適正な賠償額を交渉によって取得しようとすると、その負担は相当なものになると考えられます。
 たしかに、弁護士費用も金銭的な出費という点では負担と感じられるかもしれませんが、トータルで見ると、様々なメリットがあります。

 まずは、信頼できる弁護士に相談されることをお勧めします。

関連項目

交通事故Q&Aの関連記事