大阪・高槻市で交通事故に強い弁護士

弁護士との無料相談はこちら 0120-543-081
受付時間 平日 9:00-18:00

2018.05.30

支払額が1.4倍となる約431万円の増額に成功した事例

50代女性 / 主婦
後遺障害等級
11級7号
傷病名
脊柱に変形を残したもの
保険会社提示額
1,145 万円
最終獲得額
1576万円

 

事例のポイント

50代女性 / 主婦

交通事故の解決・増額

休業損害の1.7倍増、後遺障害逸失利益1.6倍増を含む支払額が1.4倍となる約431万円の増額に成功

  保険会社提示金額 増額 弁護士介入後
入通院慰謝料 118 万円 1.3 155 万円  
休業損害 80 万円 1.7 139 万円  
後遺障害慰謝料 400 万円 1.0 倍 400 万円  
後遺障害逸失利益 539 万円 1.6 871 万円  
治療費など 336 万円 1.0 倍 336 万円  
入院雑費 7 万円 1.4 10 万円  
既払金 -335 万円   -335 万円  
支払額 1,145 万円 1.4 1,576 万円  
後遺障害等級・死亡 11級7号
受傷状況 脊柱に変形を残したもの
過失割合 当方0:相手方100

担当弁護士の解説

保険会社は当初、休業損害を自賠責の算定基準で提示し、また、後遺障害逸失利益についても低い金額を提示していました。これに対して弁護士が介入し、過去の裁判例にもとづいた主張をしたところ、休業損害の1.7倍増、後遺障害逸失利益1.6倍増を含む支払額が1.4倍となる約431万円の増額に成功いたしました。

その他の解決事例